日差しが強くなるこの時期に。オイルを塗ってお届けキャンペーン実施中!

こんにちは、頑固オヤジ店長 久保です!

4/29から開催しています、オイルを塗ってお届けキャンペーン。

頑固オヤジ店長
うちのお店で革のバッグをお買い上げいただいたお客様でご希望いただきますと、無料でオイルを塗ってお届けする、という人気の企画です♪

4月も中旬を過ぎるとかなり日差しも強くなります。そんな強い日差しの中でのお出かけ、太陽光に長時間さらされると、人の肌だけじゃなく、革のバッグもお手入れが必要になるんです。

この時期の強い日差しにさらされると、革の繊維の中にある油分が乾燥して抜けるんです。そのままにしとくと、なんとなく革質が硬くなっていって、お手入れしないで使い続けると、ひび割れたりしてしまう、、、そこで、この時期だからこそ!!お買い上げいただいたお客様には、使う前にオイルを塗ってお届けしよう!そんな気持ちからスタートしたこの企画。思い起こせば、去年のこの時期にも「オイルを塗ってお届けキャンペーン」やってたんですよね。

レザーのバッグにオイルを塗る理由

2017.04.08

革のボディバッグにオイル加工

今回の「オイルを塗ってお届けキャンペーン」早速ご希望いただきましたバッグのオイル加工をご紹介したいと思います。バギーポート ダブルオイルレザーボディバッグ grn-103、という革のバッグです。

まずは、本体全体にまんべんなくオイルを塗っていきます。

ショルダーベルトを取り付けるバックル回りなど、細かい部分も入念にオイルを塗っていきます。

側面、ジッパー周りも丁寧に塗り込みます。

サーっと一回塗り終わったら、オイルが足りないところ、ムラになっているところなんかを気にしながら、もう一度全体的にオイルを塗りこんでいきます。

ショルダーベルトに付いた革パーツなんかも最後にオイルを塗ってあげました。革のボディバッグはこれでオイル加工が完了です。後は2日ほど陰干しして馴染ませますので、お届けまで今しばらくお待ちくださいね。

ヌメ革の財布もオイル加工

お手入れが必要なのは、かばんだけじゃあないんです。日差しをもろに数時間浴びることはないにしろ、革の財布だってお手入れが必要です!

さて、これは私が愛用している、ヌメ革の財布。今回はこのヌメ革財布のオイル加工も合わせてご紹介していきましょう。

まずは外側にオイルをたっぷり塗り込んでいきます。

前後、側面もまんべんなく塗りムラが目立たないくらいに塗りこんでいきました。

外側が終わったら、今度は内装。カードや札、領収書など全部取り出した状態がこちら。

早速オイルを塗っていきます。気のせいか、外側よりも外気の影響をあまり受けていない内側の方が、オイルの吸収、入りが早い気がします。オイルがグイグイ入っていく感じ。

カード入れ部分は1段ずつ、丁寧にオイルを塗っていきます。

小銭入れ部分もオイル加工。

このヌメ革、特殊ななめし方で仕上げた革なので、サーっとオイルを塗っても、色ムラになりにくく、均一な仕上がりになるので、一回の手入れの時間もさほどかかりませんでした。

以前よりも若干色が濃い感じのヌメ革になりました。いい感じです♪

ヌメ革ってナチュラルな雰囲気の革質も、もちろん魅力的なんですけど、シンプルな見た目だけあって、ちょっとした色の変化がまた楽しみで仕方ない。お手入れも毎度、楽しみながらやっています♪

また、お手入れが終わった後にカードや札、小銭を入れなおす作業も、結構好きです。財布を新調した気分を味わえるといいますか、財布に対する愛着がさらに深まる、そんな瞬間でもあります。

さあ、「日差しが強くなるこの時期に。オイルを塗ってお届けキャンペーン実施中!」いかがでしたか?夏が来る前のこの季節。オイルを塗るにはもってこいの季節です。2018/5/9までやっていますので、ご希望の方はぜひご参加くださいね!

↓お店はこちらから↓

この記事で紹介したバッグと財布


革のボディバッグ

ヌメ革の財布
最後まで読んでいただき、ありがとうございました!

それではまた♪

ABOUTこの記事をかいた人

革と帆布(ハンプ)をこよなく愛する、頑固オヤジ 久保です。好きすぎて革と帆布のバッグ屋さん(ネットショップ)を運営しています。人生を通して大好きな、革と帆布のこと、ギター(ロック系)とお酒なんかについて、こだわりの情報をお届けしています♪