本屋で過ごす休日

こんにちは。店長久保でございます♪

男40代、仕事も忙しくはありますが、20代~30代ほど仕事に追われることもなくなり、
それなりのポジションで腰を据えて仕事をコントロールできるようになってくる年。

ちょっとだけ心にゆとりが出てきたのかな?

若いころにはなかった、最近よくある休日の過ごし方、それは本屋で過ごす休日。

今日はまったりと本屋を散策してみました。
DSC_8774
大きな本屋、なんだか胸躍ります。入店早々自分の興味があるコーナーへ向かいます。
やっぱりバイク関連、、、洋書やハードカバーもたくさん置いてありつい手が伸びてしまいます。
DSC_8790
”へ~、こんなのあるんだ””そうそう、こんなのかっこいいよね”
”やっぱり、アメリカはいいなぁ~”

なんてことをぶつぶつと頭の中でつぶやきながら、
いろんな本を手にとってはじっくりを目を通したり。

やっぱり大きい本屋っていいなぁ。

街の本屋さんでは、男性趣味コーナーの一角に、車やバイクの雑誌が並んでるだけだから、、、
DSC_8864
本屋内をウロウロと散策。ふと気がつくと二階へと続く階段が。
”stairway to heaven”?
二階へと登ってみると映画コーナーになっています。

さまざまなタイトルのDVDが所狭しと並んでいて、見たことのあるジャケットやタイトルが
目に飛び込んできます。

子供の頃に見た”ビッグウェンズデイ””小さな恋のメロディ”。
波のない九十九島の海で、毎日流木にまたがったり、
ビージーズの”first of may”のコードを一生懸命ギターで拾ったり、、、

そんな昔の記憶がふと蘇りました。
DSC_8892
またまた一階に戻り、もう少しぶらぶら。

お酒のコーナーを発見。
世界のビール事典、ウイスキー事典やラム酒の世界、
そんなマニアックな本がずらりと並んでいます。

気の向くままに手を伸ばして、”あ、こんな本に興味が湧いてる、おれ。”
立ち止まるたびに、いろんな自分を発見していることに驚きます。
DSC_8909
たくさん面白そうな本との出会いがあったけど、今日は”これ!”というものがなく
購入することなく本屋を後にすることに。

でも大きな本屋って楽しい!!

本屋にわざわざ足を伸ばさなくっても
インターネットでさまざまな知識と出会うことはできるし、
e-bookで手軽に本だって読める。

だけど目で見て、手を伸ばして、ペラペラめくって。

実際に足を運んで、手で触れることで
はじめての本との出会いはもちろんだけど、
普段じゃ思い返さないような懐かしい記憶を
思い出すこともある。

ネットショップを運営する自分がいうのもなんだけど、
五感を使うことでしか得られない体験、、、

本屋って自分にとってそんな場所なんです。

本屋で過ごす休日、みなさんもお試しになってみてはいかがでしょう♪

scene_banner00

ABOUTこの記事をかいた人

革と帆布(ハンプ)をこよなく愛する、頑固オヤジ 久保です。好きすぎて革と帆布のバッグ屋さん(ネットショップ)を運営しています。人生を通して大好きな、革と帆布のこと、ギター(ロック系)とお酒なんかについて、こだわりの情報をお届けしています♪