男前バッグの雄、オイルヌメ革特集

革と帆布のメンズバッグ専門店ガイア2096

男前バッグの雄、オイルヌメ革特集

ロック好き、バイク乗りに捧ぐ!!
武骨で男臭いデザイン、肉厚でワイルドな革質が
そんな男の心をグッと鷲掴みする
男前バッグの雄、極上オイルヌメ革のバッグたち。

タンデムのチェロキーシリーズ、フルスロットルシリーズが
10か月待ちの長期欠品状態から
やっと再入荷してきました!!

まずはこちら。
ネイティブアメリカンな雰囲気漂う、
チェロキーシリーズのボンサック52782。

太いロープで口を縛る間口や
フロントに配された水牛の角のトグルボタン、
ボタンを留めるメッシュ編みのループなど
ワイルドなデザインもさることながら、
圧巻の厚みを誇るオイルヌメ革、
ポケット部分や本体縫い合わせ部分に至るまで
厚さを抑えることなく、迫力のある立体感を表現したボンサックです。

リュックサック、大型のボディバッグとしても
持ち替え自在な圧巻のオイルヌメ革ボンサック、お薦めですよ!



次はこちら。
同じくチェロキーシリーズ
かぶせ部分のカッティングデザインが
よりインディアン調なショルダーバッグ52770と
ボディバッグ52781。

かぶせと本体を挟むように取り付けられた、
ショルダーベルトの取り付け部分がサドルバッグのよう。
バイカー好みのデザインが秀逸なショルダーバッグ52770と
ティアドロップ型の縦型ボディバッグ52781。

前胴には玉縁、後ろ胴側は巻革で仕立てた
トラッドな仕立ての本体に
肉厚なオイルヌメ革、
さらにチェロキーシリーズの象徴、
水牛の角のトグルボタンが引き立っています。





同じくチェロキーシリーズ、
横型ボディバッグ52740。

タンデムの中で一位、二位を争う
絶賛人気のボディバッグなのです。

フロントポケットに配された
水牛の角のトグルボタンもさることながら
長財布、メガネケースが入るくらいの
ミニマムなサイズ感が心地いい。
体にピタッと寄り添うFIT感良好な
ボディバッグです。





そして最後にご紹介するのがこちら、
タンデムのチェロキーシリーズと人気を二分する
フルスロットルシリーズのレッグポーチ53150。

太ももに装着して、財布を取り出す
その様相から、私はホルスターバッグと呼んでます。
西部劇で憧れた、ガンマンさながらの
男らしい装着感はマジでヤバいです、、、

こちらは、先ほどご紹介した
横型ボディバッグ52740と一位二位を争ってる
ライバル的存在なんですよ。

フルスロットルシリーズは
ロック好き、パンク好きにとっては絶対的アイコンで
もはや正装である、ライダースジャケットをモチーフにした
男前なシリーズ。
ジッパーポケット、かぶせポケットや
ジッパーの引手のボールチェーンに至るまで
とことん、ライダースジャケットのディテールを
詰め込んだ珠玉の名作ぞろいなのであります。









ページトップへ戻る
ホームへ戻る